勧誘お断り

 

友達のご主人のご両親の話です。

 

ご両親は、既にかなりのご高齢。子供は全員巣立ち、現在は夫婦二人暮らし。
友達のご主人は次男ですが、長男が遠方に住んでいるため、両親の家にほど近い場所に住む友達夫婦が、様子を見に足を運ぶことが多いそうです。

 

お義父さんは、かなり耳が遠く、意思疎通のためには大声が必要らしいですが、日常生活は問題なし。
お義母さんは、認知症と診断されていますが、自宅で生活されてます。

 

ある日、ご両親から家に来て欲しいと連絡がありました。
用件は、強引な勧誘で契約した新聞のクーリングオフ依頼。

 

よくよく話を聞くと、強引な新聞勧誘を受けた翌日、さらに強引な勧誘員が乗り込んできたらしい。

「介護が必要なレベルの高齢者の二人暮らし」という情報を得た最初の勧誘員が、次の勧誘員に情報提供したのでしょう。

 

断っても断っても、帰らない。

頑として、玄関から出て行かない。

 

対応していたのはお義父さんだったのですが、お耳が遠いので、苦慮されたことだったと思います。
結局、押し切られるように、購読契約をさせられてしまったそうです。

 

勧誘員がどんなことを言ったのかは、わかりません。
でも、何度断っても立ち去らず、契約するまで帰らないという態度は、脅迫以外の何物でもない。

 

ちなみに、2日目にやってきた勧誘員は、女性。
たまたま玄関の鍵を開けていた隙に、勝手に入り込んできたとのこと。
かなり強引な勧誘をすることで有名で、近所では噂になっていたのだそうです。

 

「最近は、若い人は新聞を取らないので、年寄りを狙うのは仕方がないけれど、脅かすような勧誘はおかしいと思う」と、友達は怒り心頭。

 

お義父さんは、普段はとても穏やかな方だそうですが、友達の前で怒りに震え、同時に嘆いておられたそうです。

 

自分たちは、なめられてカモにされた、なんて情けないんだろうと。

 

勧誘員も仕事だろうけど、つつましく生きている高齢者の尊厳を汚すような勧誘は、決してしないで欲しいです。

 

 

==ブログランキング参加中です。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ  

 

 

 

Comment





   

 












リフォーム ホームプロ



RSS Feed Widget

Profile

メインサイト

介護モール

☆★介護・医療・看護関連本を、ヤフオクに出品中☆★
>>出品一覧はこちらから。

☆★介護・医療・看護関連本を、Amazonマーケットプレイスに出品中☆★
>>出品一覧はこちらから。

Link

Selected Entry

Archive

参加中

Mobile

qrcode

Comment

  • 心臓マッサージ(胸骨圧迫)のコツを、楽しい動画で学ぼう。
    ひー
  • 心臓マッサージ(胸骨圧迫)のコツを、楽しい動画で学ぼう。
     トラ吉

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM