2018年5月21日に、日野自動車から、【ドライバー異常時対応システムを開発、同社の大型観光バス「日野セレガ」に標準搭載し、今年の夏以降に発売する予定である】旨の発表がありました。

この「ドライバー異常時対応システム」を搭載した車は、商用車としては世界初(2018年5月21日現在、日野自動車調べ)だそうです。

 

>>日野自動車、商用車世界初となるドライバー異常時対応システム(EDSS: Emergency Driving Stop System)を開発 今夏、日野セレガに搭載し発売予定 | ニュースリリース一覧 | 日野自動車


事故車
 

このドライバー異常時対応システム、簡単に言うと、運転中のドライバーが突然病に倒れるなどの原因で、運転を続けることが不可能になってしまった場合、運転手以外の人が車を緊急停止させることができるというもの。

 

急病等でドライバーが運転操作の継続が困難となった場合に、ドライバー自身や添乗員が運転席の非常ブレーキスイッチを押すか、もしくは乗客が客席上部に設置されたスイッチを押すことで、制動を開始し、徐々に速度を落とし停止します。
日野自動車 ニュースリリースより抜粋

 

近年たびたび発生している、運転手の健康状態の急変や居眠りが原因の大事故。
犠牲者の方々が一番おつらいでしょうが、報道を見聞きする側も、あまりに悲しすぎてとてもつらい。

 

このような痛ましい事故を少しでも減らすため、国土交通省は2016年に「ドライバー異常時対応システム」のガイドラインを策定、自動車メーカーのお尻を叩きまくり、補助金も支給して、システムの開発を急がせていたようです。


>>報道発表資料:世界初!「ドライバー異常時対応システム」のガイドラインを策定しました - 国土交通省

 

 

今回、日野自動車がリリースしたのは「押しボタン方式」。

 

運転席スイッチ

▲運転席の非常ブレーキスイッチ。運転手本人だけでなく、ガイドさんや添乗員さんが押すイメージです。

 

客席スイッチ

▲客席の非常ブレーキスイッチ。左右の最前列上部に設置予定だそうです。

 

今後、ドライバー異常時対応システムを搭載したバスやトラックなどが、自動車メーカー各社から続々と出てくると思います。

 

どんなに健康に気をつけていても、突然の病に襲われ、意識を失う可能性がゼロになることはありません。
だからこそ、観光バスなど、多数の人が利用する車両には、1日も早くこのシステムが標準搭載されることを望みます。

それと、既存の車両にも簡単に後付けできるようにして欲しいなあ。

 

自動車メーカーの皆さん、よろしくお願いいたします。

 

 

==ブログランキング参加中です。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ  

 

Comment





   

 












リフォーム ホームプロ



RSS Feed Widget

Profile

メインサイト

介護モール

☆★介護・医療・看護関連本を、ヤフオクに出品中☆★
>>出品一覧はこちらから。

☆★介護・医療・看護関連本を、Amazonマーケットプレイスに出品中☆★
>>出品一覧はこちらから。

Link

Selected Entry

Archive

参加中

Mobile

qrcode

Comment

  • 心臓マッサージ(胸骨圧迫)のコツを、楽しい動画で学ぼう。
    ひー
  • 心臓マッサージ(胸骨圧迫)のコツを、楽しい動画で学ぼう。
     トラ吉

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM