昨年12月、電子計測器などを製造販売する、株式会社エー・アンド・デイから、興味深い体重計が発売されました。

 

 

バリアフリースケール 手すり付き AD-6107Rは、医療・介護施設向けの業務用ですが、私が興味を引かれたのが、手すり付きであるということ。

 

 

病院や施設などでの体重測定は、健康管理のためにも大切です。
しかし、特に足腰が弱ってしまった方にとっては、よっこいしょって体重計に乗るだけでも、一苦労です。

さらに乗った後、何もつかまず、自力で姿勢を保つのが大変。

 

でも、この体重計なら、計量台の高さも低くて、乗りやすい。
乗る位置を見分けやすいよう、色も変化をつけてあります。

何よりも、手すりにつかまったまま、正確に体重測定ができる、というのはありがたいです。

 

数字が見やすいよう、表示器も大きくし、衣服引き(風袋引き)機能も搭載。

本体重量は17キロ。従来品より10キロの軽量化に成功したとはいえ、やはり結構重いので、移動が楽にできるよう、大型キャスターも付いています。

 

体重計の世界にも、「バリアフリー」という考えが浸透しているんですね。
こういう体重計、デイケアとか、高齢者向けのスポーツクラブとかにも設置してほしいなあ。

 

 

==ブログランキング参加中です。応援クリックをよろしくね。==

にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ にほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護用品へ  

 

Comment





   

 











リフォーム ホームプロ

RSS Feed Widget
RSS Feed Widget

Profile

メインサイト

介護モール

☆★介護・医療・看護関連本を、ヤフオクに出品中☆★
>>出品一覧はこちらから。

☆★介護・医療・看護関連本を、Amazonマーケットプレイスに出品中☆★
>>出品一覧はこちらから。

Link

Selected Entry

Archive

参加中

Mobile

qrcode

Comment

  • 心臓マッサージ(胸骨圧迫)のコツを、楽しい動画で学ぼう。
    ひー
  • 心臓マッサージ(胸骨圧迫)のコツを、楽しい動画で学ぼう。
     トラ吉

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM